貧血になることも | フロントラインプラスでノミ・ダニからペットを守ろう!

フロントラインプラスでノミ・ダニからペットを守ろう!

貧血になることも

「貧血になることも」のフォトピクチャーです。

ノミというのはダニと比べると非常に小さな虫で、個体によっては1ミリ程度の大きさの物も存在しています。
その為、ペットの体に居るのかどうかというのも判断しずらく、気が付いたら噛まれていた……という事もあり得ます。
ですが、小さいからと言って決して放置していい虫ではないというのを覚えておくようにしましょう。

ノミというのはダニと同じように寄生している動物の血を吸います。
ノミ1匹ではそこまで多量の血を吸う訳ではないのですが、ノミは1か所にまとまって生息する、という特徴があるので、1度噛まれると複数匹まとまって体に寄生している可能性が高いのです。
1匹ではそこまで多くの血を吸わなくとも、複数匹がまとまって血を吸ってしまうと、徐々に体から失われる血の量は増えていき、小型犬などの場合はノミが原因で貧血になってしまう事もあるのです。
それ以外にもノミはアレルギーの原因となる虫でもあるので、長期間噛まれ続けるとアレルギー性の皮膚炎になってしまったり、場合によってはアレルギー反応が過剰に現れる事で発症する「アナフィラキシーショック」という症状が起こり、死に至る事もあり得ます。

このような恐ろしい事態は可能な限り防ぎたいものです。
その為、もしペットの体表をぴょんぴょんと飛び跳ねる黒いゴマ粒のようなものを見かけた際は、飛んだ先を確認し、もしノミがいた場合は速やかにフロントラインプラスのような駆除薬を使用するようにしましょう!